歯周病と顕微鏡

衛生検査技師 伊藤の顕微鏡。そして治療法選択への提案

顕微鏡で歯の根の細胞をみるとこのようになっています。歯は生きています。たとえ神経を抜いた歯でも歯の根の細胞は生きています。歯は再生します。抜歯をしないということは、一度抜いた歯を元に戻すということも含みます。歯を抜いてインプラントのような外来物を入れるのではなく、自分の歯を元に戻して入れることにより、歯を再生させるのです。

これは歯が2つに割れてしまい、他の歯科で抜歯してインプラントにすると言われて、当院にいらした方の歯再生治療例です。一度抜歯をしてくっつけて元に戻し、4ヶ月すると立派に骨もできました。小さい口腔外科手術ですが、15分もかかりません。なぜなら歯の根の細胞は抜歯してから15分以内に元に戻さないと死んでしまうからです。ですから15分で必ず終わります。

1.バージャー病と歯周病

歯周病の重い症状を引き起こす様々な細菌の種類とその動きを動画で紹介します。この症例は右側にある大きい枠のようなのが正常な歯肉の細胞です。洪水のような菌の流れが左側にあり、その中から取りついた棹菌が血吸ヒルのように歯肉細胞を攻撃しています。この菌はToreponema dentiolaと呼ばれる螺旋菌の一種で口腔内に常時存在しているのですが、あるものがあると性格が変わり獰猛になります。それはタバコの煙です。血管の中に入り込んで遠くへ行き、末梢の血管を攻撃するようになり、あのエノケンさんが片足を失ったのもこれが原因でした。バージャー病です。発症する9割が男性。残りの1割も含めてすべて喫煙(含む受動喫煙)がからんでいます。(※1)

対策:まず必ず禁煙しましょう。喫煙を維持したまま妙な殺菌剤を口腔内で作用させると血管の中に追い出しかけてるようなもんです。また、咬合性外傷があると歯周病は非常に予後が悪くなります。うがい薬としては濃度を低くした塩化ベンザルコニウム系(ネオステリングリーン)のようなマイルドでスペクトルの広いものがよく、善玉乳酸菌(ロイテリ菌など)を積極的に摂取して善玉菌優勢の口腔内に造りあげていきましょう。

 

 

ba_micro_seishi
windows_media
上の画像をクリックすると動画が再生されます。

(※1)東京医科歯科大学プレスリリース研究成果「バージャー病と歯周病の関連が明らかにされる」2005年6月27日東京医科歯科大学

2.トリクロサンとダイオキシン

トリクロサンは殺菌の目的で一部のうがい薬、洗口液に使われています。下左がトリクロサン、下右がダイオキシン(ポリ塩化ジベゾフランの方)の化学式です。トリクロサンに赤線1つ足したらダイオキシンです。こんなに類似した分質なのです。トリクロサンに塩素の存在化で強く紫外線を作用させるとダイオキシンになることは実証されています。(※1)(※2)トリクロサンは太陽光にあたっただけで、毒性の弱いダイオキシンに自然に変化することが近年米国ミネソタ大学で報告されました。(※3)ミネソタ州では州法で、トリクロサンは一切使用禁止です。このような危険なものを殺菌などという目的でなぜ口の中に入れる必要があるのでしょうか。現在トリクロサンを含んでいる洗口剤、ピユーオーラ(花王)、デイープクリーン(花王)、デントヘルス(大正製薬)、GUMデンタルリンス液体歯磨き緑ラベル(サンスター)

*1)トリクロサン及びその塩素化誘導体の13種類の核内受容体への作用。武内伸治ほか、日本薬学会第131年回総会、2011年3月、静岡

*2)平成14年から平成22年度における「ダイオキシン類をはじめとする科学部質の人への蓄積量調査」環境省環境保健部環境安全課環境リスク評価室、平成25年9月

*3)http://www.asyura.com/0304/health4/msg/520.html

*4)http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/triclosan-68d0.html

化学式2

歯の治療 Before ⇒ After

さまざまな治療例のBefore ⇒ Afterです。あなたの歯の治療イメージの参考になれば幸いです。

 

症例1 もげてなくなった所を白く築造する

katachi12

歯が大きくかけています。この歯は前歯ではないのですが、笑うとチラッと見える位置なので、銀歯にしたくないとの患者様の希望により、白く詰めて歯の形態を再現しました。白い詰め物はプラスチック素材なので、金属に比べて強度は、おとります。でも一回で仕上げました。

症例2 折れた歯を復旧すると同時に歯並びを直す

4561

下の前歯の虫歯です。1本は折れてしまい、歯の根だけが残っている状態です。残った根は神経を取ってキレイに消毒し、神経のあった管に薬を詰めます。その後土台を建てて白くかぶせていきます。この患者様ご自身の前歯は、歯並びが悪くガタガタでした。不正歯列だと、歯磨きが難しく磨き残しが出てしまい、虫歯になってしまったのでしょう。今回治療によって歯列も揃えて白く被せました。歯並びもよくなり、美しい前歯になりましたね。

 

症例3 4本Br(ブリッジ)をまるごと交換せず、ワイヤー補強でもたせる

hokyou12

前歯のBrです。金属疲労により一部折れてしまいました。Br全部を壊して作りかえると、治療日数、治療費用とかかり、患者様に、とても負担になります。今回破折した部分以外は状態も良いので、ワイヤーで補強して修復しました。患者様も1日で治り、とても喜んでおられました。

症例4 歯と歯の間の虫歯は清掃が大切

kannsei12

歯と歯の間の虫歯です。他の歯は、白くてキレイなのに、虫歯になってしまって、もったいないですね。隣接面は虫歯の好発部位です。歯ブラシでは届かないので是非デンタルフロス(糸ようじ)を使って清掃して下さい。

 

症例5 金属の摩耗の度合いで咬み合わせのズレがわかる

ato11 500

前歯の裏に穴があいたのでプラスチックで白く埋めた症例です。この方は口の中にたくさんの金属が入っていますね。いくつも金属を入れていくうちに、いつの間にか咬み合せがズレてくるのです。この緑の部分だけが下の歯と当たってズレてきました。顎が鳴ったり、口を開けると関節が痛い等の症状がありました。歯はできるだけ削らない方が良いのです。

症例6 前歯の治療

 

仮歯p500

差し歯が壊れてしまったと来院されました。治療をして、型をとり、新しい前歯ができるまで数日~数週間かかります。(治療内容によります)その間、前歯がないと不便なので仮歯を作って入れます。即日できますので安心して下さい。

 

症例7 歯石による歯肉炎

 

歯石p500

歯の周囲に灰色のカリフラワーの様についているもの、この全てが歯石です。歯石を除去すると歯肉が赤くただれていました。硬く歯にこびりついているので歯ブラシでは取れず、汚れが常に歯肉に付着している状態になっていたので、炎症を起こしてしまいました。この炎症が続くと歯周病へと進行していきます。歯石を取ってキレイになったので、しっかりと歯ブラシで清潔にして炎症を止めましょう。

 

症例8  定期健診のすすめ

下顎p500

歯石とは歯垢が唾液に含まれるミネラルと結合して石灰化したものです。下の前歯の裏側は、舌の下に唾液の開口部があり歯石がとても付きやすい部位です。この患者さまは歯磨きも頑張っていらっしゃいますが、体質(唾液の成分)もあり、6カ月もたつと歯石がついてしまいます。歯石に覆われると隅々まで歯ブラシができなくなり、歯肉炎を起こし、口臭や歯槽膿漏につながります。歯ブラシでは取れないので、定期的に歯石除去をしてお口のチェックをお勧めします。

このページのトップへ